NASPEC HI SPEC AUDIO COLLECTION
最先端輸入オーディオ  |  株式会社 ナスペック

 ※ 取扱完了。 在庫は各販売店にご確認ください。

 

 

真空管プリメインアンプ イタリア オーディオアナログ PRIMO CENTO VT

 

PRIMO  CENTO VT 

(プリモ チェント VT)

真空管ハイブリッド プリメインアンプ

価格 ¥186,900- (税込)

 

 

PRIMO CENTO VTは、Audio Analogue(オーディオアナログ)の人気を博したPRIMO CDPとPRIMO SETTANTA 等の“真空管搭載・プリモ”シリーズです。

先述したように、この“PRIMO CENTO VT”は真空管ハイブリッドを採用。 真空管が開発されてから1世紀を祝し、Audio AnalogueはPRIMO CENTO VTを作り出しました。 

CENTOはイタリア語で100、VTはバキュームチューブ(真空管)を意味し、PRIMO CENT VTの名は100ワットで駆動する真空管アンプに由来します。 そして、PRIMOの意味は“最初”。 

音・スタイル共に“最新を作り上げる” というコンセプトを元に名付けられました。 ハーフサイズのデザイン、この価格でのクオリティ。 

AUDIO ANALOGUEは、まさに時代の先駆者と言えるのではないでしょうか?

音は、艶があり、透明感のあふれるPRIMO SETTANTAの長所も残しつつ、ハイブリットの特徴でもある、音の温かさも表現しています。 高級パーツをふんだんに使用し、最新技術を惜しみなく採用する事でアップグレード機種にも劣らない本格的なサウンドを楽しめます。  そして、これだけの性能を持つにもかかわらず手頃な価格も魅力の一つ。  

MM・MC対応のフォノイコライザーが標準装備になった事で、アナログファンの方々にも気軽にお楽しみいただける商品です。

PRIMO CENTO VTはリーズナブルな価格にもかかわらず、音響的には一切妥協せず高音質集積パワーアンプを搭載。 

強力な電源部により、100W(8Ω)を実現しました。 これによりかなり大きめのスピーカーもなんなく駆動する実力を発揮します

 

 

 

 

真空管プリメインアンプ イタリア オーディオアナログ PRIMO CENTO VT 背面構造

 

真空管プリメインアンプ イタリア オーディオアナログ PRIMO CENTO VT 背面構造

上級モデルのPUCCINI SETTANTA(プッチーニ・セッタンタ)と同じスピーカーターミナルを採用。

しっかりした固定感を生み出しています。

 

 

 

真空管プリメインアンプ イタリア オーディオアナログ PRIMO CENTO VT 内部構造

 

真空管プリメインアンプ イタリア オーディオアナログ PRIMO CENTO VT 内部構造

余裕のパワーを発揮する強力な電源部。 大型トロイダルトランスを搭載。

これにより、このクラスでは圧倒的な音質の向上を実現。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 真空管プリメインアンプ イタリア オーディオアナログ PRIMO CENTO VT specification

最大出力: 100W+100W (8Ω) (THD + N = 0.75% )
フォノゲイン: 40dB  (1kHz)  MM
  60dB  (1kHz)  MC
S/N比: 75dB (22Hz-22kHz)
ノイズレベル: -100dBV  (0Hz-48kHz)  0dB band limits
ラインゲイン: 12dB   ( 20Hz~20kHz)
パワーアンプゲイン: 26.8dB  ( 20Hz~20kHz)
周波数特性: 7Hz~95.7kHz  (+0/-3dB)
入力: RCAアンバランス入力 4系統
  RCAアンバランス入力 1系統 (フォノ)
出力:

スピーカー出力

  テープ出力1系統
サイズ(W×H×D): 210×75×380 mm
質量: 7 .5kg
消費電力: 365VA

●HPの写真は実物と多少異なる場合がありますので、お求めの際は店頭でお確かめ下さい。
●外観・仕様・価格などは予告なく変更する場合がございます。
日本国内仕様について。

▲ 販売店一覧はこちら
▲ このページのトップへ
▲ ㈱ナスペックHPのトップページ