NASPEC HI SPEC AUDIO COLLECTION

 

 ■ Introducing IsoTek

 

2001年。IsoTek(アイソテック)はノイズから解放されたクリーンな電気を作り出すことで、システム全体の包括的なパフォーマンス向上させることにより、Hi-Fiオーディオ・AVホームシアターファンに優れたサウンド・ビジュアル体験を提供するという明確なヴィジョンのもと、イギリスで設立されました。

 

音質に悪影響を与えるノイズを多分に含んだ家庭用電源とシステムの間に、IsoTekのパワーコンディショナーを接続してみれば効果は歴然です。他の音質改善を目的としたオーディオコンポーネントに比べ、費用対効果において優れた効果を実感して頂けるに違いありません。

 

現在ではクリーン・パワーテクノロジーのリーディングカンパニーとして世界中で認知されており、45か国以上、100,000人以上のユーザーに熱い支持を受けています。また、Arcam, Denon, Genesis Advanced Technologies, Marantz, Monitor Audio, Nordost, Onkyo, Pioneer, PMC, Primare, Roksan, TEAC, Esoteric等、名だたるオーディオメーカーのデモンストレーションにおいてその著しい効果が実証され、オーディオファイル・評論家を中心とした各界から、数々の称賛を受けています。全ての製品はヨーロッパの工場で厳しい品質基準のもと、ハンドメイドで作られています。

IsoTeK_keith_martin

Keith Martin
Founder & Managing Director

キース・マーティン
創立者・代表

 

 


 

 ■ Clean Power, Pure Sound…

 

IsoTek_cleanpower>全てのHi-Fiオーディオ・AVホームシアターコンポートネントにおいて、最初に入力されるのは他ならぬ電気です。私たちの耳に届くスピーカーのサウンド、スクリーンに映し出されるヴィジュアル・・・言い換えればコンポーネントの出力は、家庭用の電気が姿・形を変えたものになります。オーディオにおける信号の流れは、事あるごとに上流から下流へ流れる水に例えられますが、上流が汚れていたり、流れの悪い所があると、いくら高級なコンポーネントやアクセサリーを導入してもそのパフォーマンスが十分に発揮されません。最も上流に位置する電気こそがまさに全ての源なのです。しかし、発電所からあなたのオーディオルームに至る長い過程の中で、様々な要因により、電気にノイズが含まれ、汚染されていきます。その電気のノイズの種類として“Differential Mode Noise(ディファレンシャル・モード・ノイズ)”と“Common Mode Noise(コモン・モード・ノイズ)”という大きく二つのノイズが挙げられます。IsoTekのパワーコンディショナーはこの2つのノイズ対策に貢献し、コンポーネントのパフォーマンスを最大限引き出します。

 

DefferencialModeNoise CommonModeNoise
“Differential Mode Noise(ディファレンシャル・モード・ノイズ)”はノーマルモードノイズとも呼ばれ、PCや電子レンジなどの一般的な家電製品の中でスイッチング電源を持つ機器により引き起こされるノイズです。 “Common Mode Noise(コモン・モード・ノイズ)”は、近年ますます利用が増える携帯電話、Wi-fi、Bluetoothなど空気中を飛び交う電波により引き起こされるノイズです。シールド処理がされていない電源ケーブルはこれらのノイズを受信するアンテナとして機能してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ■ The Power Cleaning Specialist

 

IsoTekの製品は、世界中のオーディオファイル・評論家から数々の称賛を受け、名だたる賞を受賞しています。

 

IsoTeK_awards

 

 

 

 ■ Features of IsoTek Products

 

ノンカラーレーションでS/N感も躍動感も向上!

パッシブ型の既成概念を覆すIsoTekのパワーコンディショナー

フィルターを内蔵したパッシブ型パワーコンディショナーは、S/N感や透明感は改善されるものの、機器側から見た電源インピーダンスが上がるために躍動感が低下したり、フィルター固有の色付けがある等の副作用があるのが一般的でした。しかしこれらの副作用をハイテク技術で解消し、パッシブ型パワーコンディショナーの既成概念を覆したのがIsoTekのパワーコンディショナーです。

 

 

・色付けを追放した“Delta Filter(デルタフィルター)”を搭載

高透磁率で飽和磁束密度の高い特殊高性能コアに低抵抗コイルを巻いた“低歪率コイル”と、音質を吟味したコンデンサー群を採用し、負荷電流による電圧変動を低く抑えながら“Differential Mode Noise(ディファレンシャル・モード・ノイズ)”と“Common Mode Noise(コモン・モード・ノイズ)”を効果的に除去する“Delta Filter(デルタフィルター)”を搭載しているため、色付けがなく、ノイズ低減効果が優れ、しかも躍動感を損なわないフィルタリングを実現しました。

 

 

・入出力間を“Direct Coupled Design

(ダイレクト・カップルド・デザイン)”で構成

IsoTekのパワーコンディショナーはAC入力から全出力端子までパッシブ回路のみで結合され、しかも入力端子と各出力端子間、および各出力端子どうしが絶縁された“Direct Coupled Design(ダイレクト・カップルド・デザイン)”という構造になっています。このため入力された電源エネルギーを忠実に伝送しながら高周波ノイズ成分を除去し、出力端子間の相互干渉を防いでいます。

 

 

・同じ音圧でも音量感が向上

IsoTekのパワーコンディショナーを使用すると、物理的にも聴感的にもノイズフロアーが下がります。すると人間の脳は、聴感上のノイズフロアー低下に対応して、微小音が聴き取れるように耳の感度を上げます。このためスピーカーから出る音圧が同じでも、耳の感度を上げた分だけ脳は音量が上がったように認識し、聴感上のダイナミックレンジが向上します。つまりノイズレベルの低下でダイナミックレンジが下方向に拡張され、耳の感度アップで聴感上のダイナミックレンジが上方向にも拡張されるため、「パッシブ型でありながら高ダイナミックレンジで躍動感のある音質が得られる」というわけです。

 

 

・相互干渉を防ぐ“スター結線”

並列接続されるフィルター群と出力コンセント群は、1点から放射状に分岐して共通インピーダンスを追放した“スター結線”を採用して、フィルター間や出力コンセント間の相互干渉を防いでいます。

 

 

・双方向のノイズ低減機能

(AC電源のノイズを入れない、AC電源にノイズを出さない)

IsoTekのパワーコンディショナーは“双方向のノイズ低減機能”を持っており、AC電源ラインから侵入するノイズを低減する効果と、各機器が出す整流ノイズやデジタルノイズを低減してAC電源の汚染を防ぐ効果を兼ね備えています。この“電源汚染低減効果”により、IsoTekのパワーコンディショナーを用いると、これを通さない機器の音質も改善されます。

 

 

 

 

 ■ Effect of IsoTek Products

 

電源ノイズ抽出器を用いAC電源に含まれるノイズ波形を計測した際も、IsoTekのパワーコンディショナーは優れた効果を実証しています。

 

IsoTek_AC_power_noise

 

 

 


●HPの写真は実物と多少異なる場合がありますので、お求めの際は店頭でお確かめ下さい。
●外観・仕様・価格などは予告なく変更する場合がございます。
日本国内仕様について。

▲ 販売店一覧はこちら
▲ このページのトップへ
▲ ㈱ナスペックHPのトップページ