NASPEC HI SPEC AUDIO COLLECTION

 

PRIMARE について

 

北欧ヨーロッパ・スウェーデンのPRIMARE (プライマー) は、1985 年に設立されたハイエンドオーディオメーカーです。
928 シリーズ(1986 年発表)、200 シリーズ(1992 年発表) など、セパレートアンプを中心とした初期の製品は、その先進的なデザインと高度な再現力で高く評価され、同社のブランドイメージが確立しました。
そうした一方で1994 年には、日本でも良く知られるPRIMARE の名機であるミドルエンドシリーズの、30 シリーズや20 シリーズの根幹となる300 シリーズを発表。 その基礎を確固たるものとしました。
1998 年には、Corpland やQLN のブランドで世界に知られるXENA AUDIO 社に所属していたLars Pedersen (ラース・ペダーセン)氏がPRIMARE に所属します。 創立当初からPRIMARE に所属するデザイナー兼エンジニアのBent Nielsen(ベント・ニールセン) 氏と、Lars Pedersen 氏の様々なオーディオのノウハウの結合により、先述した30 シリーズと20 シリーズが生み出されました。
さらに1998 年、エンジニアのBjorn Holmqvist (ビョーン・ホンクリスト) 氏がPRIMARE に加わった事により、CD プレーヤーやアンプ類の進化が止まる事無く、DVD プレーヤーやマルチアンプ、またフォノアンプ等、新たな製品分野に取り組んできました。
そして今、新たなテクノロジーを携えたCD32 やI32 等の製品をリリースし、PRIMARE は止まらない進化を続けていきます。

 

 

2011年10月 2011年インターナショナルオーディオショウの日本訪問時のインタビュー

 

スウェーデン  PRIMARE 本国ホームページ

 

 

 

 

 

強靱で合理的なシャーシ設計

 

PRIMARE (プライマー) 製品のシャーシ設計の基本は、スティールプレートをプレス加工によって折り曲げた比較的簡素なものです。
簡素ですが非常に剛性が高いシャーシで、それ自体が制振素材としての役割を果たすために、実用的に問題が生じるような共振・振動が発生するようなことがありません。
加えて各製品のフロントパネルには厚みのあるアルミ板を使用しており、PRIMARE の象徴であるロゴマークを彫り込んで、リッチでハイセンスな演出をしています。
日常的に手を触れる箇所にも十分な注意を払われた美しい仕上げ。 その繊細なデザインや仕上げの美しさは、質実剛健なだけではなくて、北欧家具を思わせるPRIMARE ならではの演出が光っています。

 

 

 

 

PRIMARE の製品

 

PRIMARE (プライマー) 社は、製品を工場から出荷する前に入念にチェックを行います。
チェック箇所は数十点にも及び、またバーンインの時間も数日間取り、製品の安定性を重要視して入念にチェックを行うのです。
これによってPRIMARE は安定性の高い製品を送り出していくのです。
音決めやデザインまた機能においても会社全体から意見を出し合い、製品にフィードバックして、専門家や技術者が具現化していきます。
出された意見は内部関係者のみのアイディアではなく、PRIMARE ユーザーの意見をまず一番に取り入れたもので、この貴重な意見によってPRIMARE が進化し続けていけるのです。


●HPの写真は実物と多少異なる場合がありますので、お求めの際は店頭でお確かめ下さい。
●外観・仕様・価格などは予告なく変更する場合がございます。
日本国内仕様について。

▲ 販売店一覧はこちら
▲ このページのトップへ
▲ ㈱ナスペックHPのトップページ