NASPEC HI SPEC AUDIO COLLECTION
最先端輸入オーディオ  |  株式会社 ナスペック

 Beethoven_CG_SE_img

 

Beethoven Concert Grand Symphony Edition

 

 2015年7月25日発売

標準価格(1台)¥600,000- (税別)

 

Model Colour JAN
BEETH CG SE ROW Rosewood 4571408311136
BEETH CG SE CRY Cherry 4571408311143
BEETH CG SE BLK PianoBlack 4571408311150
BEETH CG SE WHT PianoWhite 4571408311167

 

 

壮大なスケール感、繊細な音楽表現、自然な再生音にさらなる磨きをかけ、
生まれ変わったコンサートグランドシリーズ最上位モデル
“Beethoven Concert Grand Symphony Edition”

 

 

神聖ローマ帝国ケルン大司教領(現ドイツ領)のボンで生を受けた、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。彼の作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされ、その名は世界に「偉大なる音楽家」として知られています。「楽聖」とも呼ばれるベートーヴェンの名を冠するコンサートグランドシリーズ最上位モデル“Beethoven Concert Grand”が、この度大幅にグレードアップ。“Beethoven Concert Grand Symphony Edition”として生まれ変わりました。

新採用のネオジウムマグネットを搭載したシルクドームツイーター。独自の高機能樹脂「X3P」を使用したウーファーユニット。剛性を高めたスピーカーベース。徹底的に見直されたクロスオーバーネットワーク。細部にわたって自然で安らぎ豊かな再生音を追求。まさにピアノと同様、壮大なサウンドを大ホール内で鳴り響かすことができる高い再現能力を秘めています。

壮大なスケール感、繊細な音楽表現、自然な再生音にさらなる磨きをかけ、ベートーヴェンの名を冠するにふさわしいモデルとなっています。

 

 


Review

 

・Vienna Acousticsの最新スピーカー「Beethoven Concert Grand Symphony Edition」を聴く

 (Phile-web AV評論家 山之内 正著) 記事はこちら

 

 ・ウィーンアコースティクス本社を訪問 ー 25年ものあいだ“本物”であり続ける理由とは?

 (Phile-web AV評論家 山之内 正著) 記事はこちら

 


 

The Tweeter

Beeth_CG_SE_Tweeter_2 Beeth_CG_SE_Tweeter_1

Vienna Acousticsは長年に渡りScanSpeakと共同開発の元、優れたオリジナルユニットを生み出してきました。近年の大きなアチーブメントである上位モデルのLisztの同軸ユニット。本機はこの優れたユニットのツイーターをベースに開発され、ネオジウムマグネットを搭載した新型のシルクドームツイータ―を採用しています。職人による入念な手作業によりコーティング。また、微細なチューニングを施すため、磁気回路の空隙には特別に開発された磁性流体を流入。これらの繊細かつ妥協の無い製法により、透明感あふれ細かなニュアンスを再現し、艶やかな最上級の高音域再生を可能にします。

The Midrange Driver

Beeth_CG_SE_Mid_1 Beeth_CG_SE_Mid_2

TPXをベースに3種類のポリプロピレンを合成し、高剛性・超軽量に仕上げられた独自の高機能樹脂「X3P」をユニットのコーン部分に使用。ユニットが再生する周波数によってポリマー(樹脂)の調合を変え強度を調節するという繊細な配慮により、最適な剛性と内部減衰率を獲得。ハードドームの精度・クリアネスと、ソフトドームのナチュラルな音楽性を兼ね備えた理想的なミッドレンジユニットに仕上がっています。また、前機種Beethoven Concert Grandより50Hz低い100Hzをクロスオーバーポイントとし、美しい中音域再生にさらなる磨きをかけています。

The Bass Driver

Beeth_CG_SE_Woofer_1 Beeth_CG_SE_Woofer_2

Vienna Acousticsが独自に開発・デザインしたウーファーユニット。ミッドウーファー同様に独自の高機能樹脂「X3P」をユニットのコーン部分に使用し、極めて高い制動性を実現。凹状に湾曲させたラバーエッジはドライバーの駆動力を損なう事無く的確に伝えます。さらに、クモの巣状のリブで補強するというユニークな手法で更なる高剛性を実現。この独創的な方法で構成されたオリジナルユニットは「スパイダーコーン」と名付けられています。また、3つのウーファーはパラレルに駆動しますが、上部1つと下部2つでキャビネット内で分離され、それぞれ独立したバスレフポートを搭載。下部の2つはダイナミックな低音を再現。上部のウーファーは、下部2つのウーファーとミッドウーファーのシームレスな繋がりを実現します。この優れた素材とユニット構成により、パワー・スピード・繊細さを兼ね備えたダイナミックな低音を再現します。

Network & Terminal

Beeth_CG_SE_Network_1 Beeth_CG_SE_Terminal_1

クロスオーバーネットワークをフルリニューアル。オーディオグレードのコンデンサ、誤差1%以内の抵抗など、全てのコンポーネントパーツを長期間に及ぶリスニングテストによって厳選しました。また、コイルインダクタンスの僅かな誤差がサウンドイメージの再現性に大きく影響を与えることに着目し、誤差0.7%以内の高精度の空芯インダクタを採用。全体的なパーツの精度の向上により、前機種Beethoven Concert Grandが持っていた音楽性を失うことなく、さらなるスピード、ピュアリティ、及び豊かな低音を獲得しています。ターミナルはVienna Acousticsの伝統的なスピーカー設計思想によりシングルワイヤリングを採用。信号経路をシンプルにすることで、クロスオーバーにネガティブな影響を及ぼさないよう考慮し、カスタムメイドされた高純度Gold/Silverコーティングのターミナル端子と相まって、クリアリティとピュアな再生の一助となっています。スペード・バナナ端子対応。

Speaker Feet

Beeth_CG_SE_Feet

キャビネットを強固に支えるため、剛性を高めたアルミニウムダイキャスト製のスピーカーベースを新採用。振動を効果的に抑制し、スピーカーのポテンシャルを最大限に発揮します。ルームコンディションに応じて高さを変更し、低音の調整も可能です。

Cabinet & Finish

Beeth_CG_SE_Cabinet

キャビネットは正確な音像定位を得る為に極力幅を広くしないバッフルデザインを採用。そのデザインは最新のコンピューターモデリング技術を用いて精密に設計。工法としてはファイバーボードをベニヤボードで包むように何層にも重ねて高い剛性を獲得しています。美しいリアルウッドの仕上げを施したカラーラインアップには、Rosewood, Chery, PianoBlack, PianoWhiteの4種類を揃えます。

Beeth_CG_SE_Color

 

 

※BLK(PianoBlack)、WHT(PianoWhite)カラーは受注オーダー品の為、 受注後の納期を必要とします。納期をご確認ください。

 

 

 

 

 

Awards


 

aex2015_silver

オーディオ銘機賞2015

 スピーカーシステム/中、大型部門

銀賞

 

 

形式・バスレフ 3way 5スピーカー
ユニット 2.8cm ScanSpeak製 ハンドコーテッド・ネオジウムシルクドームツイーター
15.2cm X3P ミッドウーファー
17.8cm X3P スパイダーコーンウーファー×3
周波数特性 28Hz – 22kHz
クロスオーバー 100Hz, 2.6kHz(6dB/oct)
感度 91.0dB
インピーダンス
推奨アンプ出力 50〜300W
本体サイズ(W×H×D) 190×1,085×400 mm(キャビネットサイズ)
300×1,140×400 mm(スパイクスタンド含む)
重量(1台) 32.5kg

 


●HPの写真は実物と多少異なる場合がありますので、お求めの際は店頭でお確かめ下さい。
●外観・仕様・価格などは予告なく変更する場合がございます。
日本国内仕様について。

▲ 販売店一覧はこちら
▲ このページのトップへ
▲ ㈱ナスペックHPのトップページ