• Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE@
  • YouTube

Silver 50

ABOUT

いつの時代もシリーズの魅力を一番ストレートに伝えるのは小型ブックシェルフなのかもしれません。鮮度の良い食材をシンプルな料理、シンプルな味付けで楽しむ。Silver 50を聴くとそんな素敵なレストランを思い起こさせます。

プレート型ネオジウムを奢ったNEW Gold C-CAMツィーターの爽やかで美しい高音。DCFテクノロジーを搭載したNEW RSTドライバーのクリーンでハイスピードな低域。スピーカーの存在が消え、そこには憧れのアーティストが浮かびます。旧Silver1から20mm横幅を削った、思った以上に小さなキャビネットを持ち上げた時の”重量感”も最高です。壁際へ設置してもバランスが崩れにくい特殊な設計も大きな魅力。

これ以上は必要ない。大ヒットを予感させるこのスピーカーには、NEW Silverシリーズの魅力全てが備わっています。

Silver 50

¥130,000-(税込 ¥143,000-/ペア) ¥142,000-(税込 ¥156,200-/ペア) ※HGBKのみ

SILVER50BO / 4571408314342(販売終了)
SILVER50WN / 4571408314359(販売終了)
SILVER50RN / 4571408314366(販売終了)
SILVER50NO / 4571408314373(販売終了)
SILVER50SW / 4571408314380(販売終了)
SILVER50HGBK / 4571408314397(販売終了)

FEATURES

Sonic Design Improvements Speaker by New Silver Series


壁際へのセッティングを可能にするMonitor Audioの新しいチャレンジが始まります。
メーカーがどれだけ良いスピーカーを開発しても、その開発が一般家庭とかけ離れた環境で行われていては、ユーザーが良いサウンドを楽しむことは難しくなります。どのキャビネット構造を採用するかは最初の難問です。密閉型はキャビネット内部で発生する空気の動きを逃がす事ができません。またフロントバスレフ型は、ポートから放たれる気流がスピーカーから出る音自体と同じ方向を向いてしまいます。そしてリアバスレフ型の最大の欠点は壁との距離が低域に影響しやすいことです。どのタイプでも一長一短が存在するのです。リアバスレフ型がバランス良く鳴らせるかはユーザーのセッティングに委ねられていたのです。この弱点の克服にチャレンジしたのが新しいSilver50とSilver200です。


Silver50とSilver200は通常に使ってももちろんNEW Silverらしいサウンドが楽しめますが、加えて壁際5cmまで近づけてセッティングしても高域と低域のバランスが崩れにくい特殊な設計を施しました。その秘密は特別に改良されたHiVeⅡポートと内部ブレーシング構造。そして130mmのNEW RSTドライバーです。従来のSilverより縦横共に20mmスリム化したキャビネットサイズもポイントとなっています。同様のサイズで設計されたセンタースピーカーC150もご用意しました。


もう壁との距離でセッティングを悩むことはありません。生活環境に寄り添うスピーカー、Silver50、Silver200をぜひお試しください。

SPEC

Bookshelf Speaker

形式 2-way・バスレフ型
ユニット 25mm Gold dome C-CAM ツィーター×1
130mm C-CAM RST Bass/Mid ドライバー×1
周波数特性 52Hz – 35,000Hz
クロスオーバー周波数 3,000Hz
能率 87dB(1W@1M)
インピーダンス
許容入力 100W
推奨アンプ出力 40 – 100W
寸法 H270×W165×D240(D269 突起部含む)mm
重量 6.0Kg/台
備考 バイワイヤ対応スピーカーターミナル

●HPの写真は実物とは多少異なる場合がありますので、お求めの際は店頭でお確かめください。
●外観、仕様、価格などは予告なく変更する場合がございます。

Hivi夏のベストバイ2018
スピーカー部門Ⅱ
(ペア10-20万円未満)
3位

NASPEC

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE@
  • YouTube